龍野の城下町、古民家、商家、醤油蔵

南に歩き、古い商家が残るエリアへ。

龍野の民家

民家の玄関にあった木箱。仏飯はわかるが、こんな専用の箱は初めて見る。寺でもない、普通の民家である。

龍野の公衆トイレ

公衆トイレも城下町風である。清潔で管理がされている。公衆トイレが無料なのは世界でジャパンくらいだろう。さすがである。

龍野の商家

酒屋。

龍野の商家

醤油屋。現在も営業していた。

龍野の商家

木製看板。

龍野の商家

金属のレトロな看板。さらに南下する。

龍野の商家

古民家の窓。資料によるとこれは「出格子窓」という、19世紀初期にあらわれているものである。

龍野の町

醤油蔵がある風景が見れるエリアに行く小道。左の古民家が立派なので撮影。これも「出格子窓」である。

龍野の町屋

上画像左の町屋の玄関。桜の幹の質感を生かしてあるセンスに脱帽。美しい邸宅であった。

龍野の醤油蔵

醤油蔵。煙突が他にも見える。ここは現在稼動していないようだ。

龍野の蔵、町屋

蔵のある邸宅。なぜかここらへんは犬の糞が多かった。犬の姿は見なかった。

龍野の醤油蔵

最後に見た醤油蔵。

町屋ギャラリー

どう見ても閉館している「町屋ギャラリー」。ここらへんも立派な名士の邸宅が並ぶ。龍野の城下町観光もひととおり終わったので、駅に向う。暑いので早めの昼飯にするか、微妙なところである。食欲が無いのだ。菓子屋に「醤油饅頭」とか書いてあったので食うべきか迷ったが、食えなかった。

龍野の花

民家の花。龍野の町にはこの花が多かった。ここから電車で平福に向かう。暑すぎるのでファミマでアイス、凍ったジュース、カメラの電池を購入。

平福、因幡街道を歩く>>

スポンサードリンク