坂越大道一人歩き〜海岸通り、大避神社、山

海岸通りにも、古い町屋が並んでいる。旧坂越浦会所を出て左を進むと、すぐに大避神社の鳥居が見える。

坂越の海岸通り

大避神社

644年蘇我入鹿の乱を避け坂越にたどり着き、千種川流域の開拓に尽くされた秦河勝を祭る坂越の氏神である。参考文献:坂越散策マップ

10月の第二日曜日には、300年続く大避神社船祭りが開催される。多くの観客で賑わい、のぼりを立てた10数隻の船が海上渡御する伝統的な祭り。瀬戸内三大祭りの一つ。

坂越の大避神社

神社への坂道を登る手前に、古井戸があった。

坂越浦

坂から見た坂越浦。

坂越の大避神社

神社へ登る階段。灯篭が並んで、神聖な雰囲気をかもしだしている。

坂越の大避神社

本殿。

坂越の大避神社の絵馬

神社にはたくさんの船絵馬が奉納されている。船の絵馬だけではなく、魚や人物、獣もあった。

坂越の大避神社の絵馬

虎の絵馬。絵馬は明治、大正、平成など奉納された年月日が記載されているが、年号が確認できないほどの古いものもあった。有名な絵師による絵馬もあるようだ。

坂越の大避神社の絵馬

天井には絵馬がずらり。

坂越の大避神社の絵馬

鯛の絵馬。

坂越の大避神社の絵馬

船絵馬が特に多い。これらの船絵馬は全国で一番古いものとされている。

坂越の大避神社の絵馬

人物の絵馬。

坂越の大避神社

廊下。

坂越浦、生島、海岸通り>>